単行本
単行本

プラナリア

山本文緒

  • 定価:本体1,333円+税
  • 発売日:2000年10月25日
  • 第124回(2000年)直木三十五賞
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

どこかではない、ここで、明日を探す彼女たち

乳ガンの手術後、何をするのもかったるい25歳の春香。この洞窟の出口はどこにある? 働かない彼女たちに現在を映す恋愛小説集

担当編集者より
若い女性が日々抱えている生きにくさや自己愛を描いて、いま絶大な共感を得る著者の〈働かないこと〉をめぐる五つの物語です。表題作の主人公春香の場合は、二十代前半に罹った乳ガンの手術以来、何をするのもかったるい。そんな自分を持て余しつつ、洞窟の出口を探しているのですが……。両親もいる、優しい彼氏も友達もいるけど、何かが足りない。そんな彼女達の微妙でひたむきな感情は「若いひと」とひと括りには出来ない重みと臨場感をもって、迫ります。(YH)
商品情報
書名(カナ) プラナリア
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2000年10月30日
ISBN 978-4-16-319630-5
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く