作品紹介

バスティーユ襲撃後のフランス、性に耽溺する女たち

激動のフランス革命期を舞台に、貴族たちの退廃的な性愛ゲームを描く「貴腐」、性にめざめた尼僧の歓びを語る「夜食」を収める

担当編集者より
バスティーユ襲撃からまもないころ、フランスの貴族階級は革命のなりゆきに漠然とした不安を抱えながらも、それまでの生活をあらためることはありませんでした。とりわけ、時間だけはたっぷりある貴婦人たちは、あいもかわらず性愛遊戯に身をやつしていたのです。男性経験のない美しいジュリエットは格好の餌食となります。舌なめずりをするオディールの緻密なシナリオにはまってゆくジュリエット。でも意外な結末が待ち受けていた……という表題作のほかに、老いてから性の歓びにめざめた修道女を描く「夜食」を収録。(NY)
商品情報
書名(カナ) キフ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2000年11月30日
ISBN 978-4-16-319670-1
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く