単行本
単行本

血脈 上

佐藤愛子

  • 定価:本体2,000円+税
  • 発売日:2001年01月11日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

佐藤愛子のライフワーク、渾身の三四〇〇枚がいよいよ刊行。全三巻

それは当代随一の人気作家、佐藤紅緑が、新進女優を狂おしい程愛したことに始まった。ハチロー、愛子…佐藤の一族の壮絶な生の姿

担当編集者より
物語は大正四年、当時の人気作家・佐藤紅緑が、新進女優を狂おしい程愛したことに始まります。女の名は横田シナ。松井須磨子のような女優になる以外、何の関心もない彼女に、熱血漢の紅緑は我を忘れ、遂に妻子を捨て同棲する。この時捨てられた長男が後のサトウハチロー、二人の間に生れた娘が著者でした。血の因縁とも言うべき情念にひきずられる佐藤家の人々、その凄絶な生のドラマはまた、大正、昭和、平成と日本人が辿ってきた道でもあります。十二年の歳月をかけた待望の大河小説、中巻は二月上旬刊行です。(HY)
商品情報
書名(カナ) ケツミャク
ページ数 584ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2001年01月10日
ISBN 978-4-16-319790-6
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く