単行本
単行本

口笛吹いて

重松清

  • 定価:本体1,476円+税
  • 発売日:2001年04月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

新直木賞作家、受賞後初の作品集

子供のころのヒーローに二十六年ぶりに会ってみたら……。切なくほろ苦い大人の邂逅を描いた表題作他、現代を見事に活写する四篇

担当編集者より
新直木賞作家、受賞後初の小説集です。子供の頃のヒーローとの二十六年振りの切なくもほろ苦い再会を描いた表題作ほか四篇は、「現代」を活写することにおいて評価の高い著者の作品世界をよく表しています。とともに、これまでなかった“ビターテイスト”――苦みは、受賞後もさらに飛躍しよう、という著者の意気込みが伝わってくるようです。いずれ劣らぬ佳品揃い、新直木賞作家の新たな第一歩をご堪能ください。(YA)
商品情報
書名(カナ) クチブエフイテ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2001年04月20日
ISBN 978-4-16-320000-2
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く