単行本
単行本

群蝶の空

三咲光郎

  • 定価:本体1,333円+税
  • 発売日:2001年06月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

松本清張賞受賞作

昭和十四年四月。危険思想とされた「新興俳句」への弾圧を背景に、自由を求める女流俳人の愛と苦悩を描いた、本格社会派サスペンス

担当編集者より
本年度の松本清張賞受賞作品です。舞台は昭和十四年の大阪。美貌の女流俳人の愛と自立を、「京大俳句事件」と呼ばれる、新しい俳句の流れに対する思想弾圧事件に絡ませて描いた、社会派サスペンス小説です。著者の三咲さんは、大阪府在住の四十一歳。九八年のオール讀物新人賞を受けた「大正四年の狙撃手(スナイパー)」に続く受賞となりました。選考委員の長部日出雄氏は「最近では珍しい社会派の骨格をそなえたサスペンス小説であり、大人の共感を呼ぶ恋愛小説でもある」と絶賛。大型新人の登場です。(HH)
商品情報
書名(カナ) グンチョウノソラ
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2001年06月15日
ISBN 978-4-16-320240-2
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く