単行本
単行本

鬼のすべて

鯨統一郎

  • 定価:本体1,381円+税
  • 発売日:2001年09月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

死体を「鬼」に見立てた連続殺人。友人を殺された女性刑事は「鬼を消す」という言葉を残して警視庁を去った男と協力し、真相を追う

担当編集者より
死体を「鬼」に見立てた連続殺人。友人を殺された渡辺みさと刑事は「日本から鬼を消す」という謎の言葉を残して警視庁を去った元敏腕刑事ハルアキと協力し、真相を追う――。デビュー作『邪馬台国はどこですか?』が、奇抜な歴史解釈の面白さで99年版「このミス」で八位にランクイン、読書界を驚倒させた著者の待望の新作です。京極夏彦氏の描く「鬼」のリトグラフを購入し、毎晩眺めながら執筆したという鯨氏がラストで解きあかす「鬼」の真の正体は必ずやあなたを仰天させるでしょう。(HT)
商品情報
書名(カナ) オニノスベテ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2001年09月25日
ISBN 978-4-16-320390-4
Cコード C0093

著者

鯨 統一郎

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く