単行本
単行本

あかね空

山本一力

  • 定価:本体1,762円+税
  • 発売日:2001年10月12日
  • 第126回(2001年)直木三十五賞
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

豆腐屋一家二代の喜怒哀楽を骨太に描く新鋭の書下し

希望を胸に上方から江戸へ下った豆腐職人の永吉。味覚の違いに悩みながらも恋女房に助けられ表通りに店を構える。傑作人情時代小説

担当編集者より
夢と不安を胸に、単身京から江戸に下ってきた豆腐職人の永吉は、恋女房のおふみとその周囲の人びとに助けられ、ついに表通りに店を出すまでになる。だが両親の死をきっかけに、おふみは永吉や子供たちとの関係に歪みが生じていき、やがて永吉夫婦の死後、子供たちに試練が待ち受けていた……。豆腐屋一家二代にわたる物語を通して家族の絆を改めて問い直す、入魂の書き下ろし時代小説です。(AK)
商品情報
書名(カナ) アカネゾラ
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2001年10月15日
ISBN 978-4-16-320430-7
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く