作品紹介

陰陽師シリーズに総カラーの絵物語が登場!

都で名を馳せる薬師、平大成・中成兄弟。その二人に鬼たちが取り憑いた。解決に乗り出すは、御存知、晴明と博雅。百鬼夜行の行く末は?

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
担当編集者より
あの陰陽師シリーズにフルカラーの絵本が登場します。頬に一つずつ瘤がある薬師(くすし)、平大成(たいらのおおなり)と中成(なかなり)の双子は、ある日、薬草を採りに山に入ります。大成は道に迷い、鬼達の百鬼遊宴に遭遇。命がけで舞い踊った大成に鬼達は喜び、瘤を取ってやります。半月後、今度は中成が瘤を取ってもらおうと遊宴に赴きますが、思わぬ事件が……。事態解決のため、我らが晴明と博雅が双子に化けて活躍します。村上さんの四十点以上にも及ぶカラー絵が素晴らしい出来映えで、楽しく、妖しい一冊に仕上がりました。(TK)
商品情報
書名(カナ) オンミョウジコブトリセイメイ
ページ数 160ページ
判型・造本・装丁 四六判変型 上製 並製カバー装
初版奥付日 2001年10月30日
ISBN 978-4-16-320480-2
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く