単行本
単行本

春またぎ

葉治英哉

  • 定価:本体1,905円+税
  • 発売日:2001年12月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

第1回松本清張賞受賞作家が描く「またぎ」の世界

一度はまたぎをやめた半蔵だったが、藩命を帯びて再び「穴もたず」の熊に立ち向かう。またぎとしての自尊心をかけた猟が始まった

担当編集者より
第一回松本清張賞受賞者・葉治英哉さんの新作短篇集が満を持しての登場です。主人公の半蔵は五年前、猟の最中に「穴もたず」の熊に襲われ、同僚を亡くしています。これが原因でまたぎをやめ、村を出た彼は今、狼撃ちとして藩の牧場で馬を守っています。しかし、そこへあの「穴もたず」が再び現れたのです。藩から熊退治の命を受けた半蔵。果たしてその首尾は?そしてこの後、またぎとして再び暮らす決心をした半蔵と彼の手下である男たちの成長ぶりが、時にはシリアスに、時には女性の色艶話も交えてユーモラスに描写されていきます。ご堪能下さい。(TK)
商品情報
書名(カナ) ハルマタギ
ページ数 328ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2001年12月15日
ISBN 978-4-16-320600-4
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く