単行本
単行本

さんだらぼっち

宇江佐真理

  • 定価:本体1,333円+税
  • 発売日:2002年01月
  • ジャンル:小説
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

深川を出たお文は、伊三次と新しい暮しを始めるが……

芸者をやめ、茅場町の裏店で伊三次と暮し始めたお文だが、子供を折檻する近所の女房との諍いを機に家を出る。人気シリーズ第四弾

担当編集者より
本業の廻り髪結いの傍ら、八丁堀同心のお手先をつとめる伊三次と、その思い女の深川芸者お文。「髪結い伊三次捕物余話」シリーズは捕物のスリルもさることながら、主人公ふたりの波瀾万丈の恋の道行が、多くの読者を魅了しています。前作の『さらば深川』で、恋の鞘当てが原因で家を焼かれたお文は、伊三次の宿に転がり込みます。深川でお職を張る生活から、突然、裏長屋のおかみさんになったお文の戸惑いを描く、艶のある筆致にご注目下さい。(AK)
商品情報
書名(カナ) サンダラボッチ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2002年01月30日
ISBN 978-4-16-320660-8
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く