作品紹介

『新選組』『坂本龍馬』『幕末暗殺』に続く最新作

旅行けば駿河の国に茶の香り……浪曲でお馴染み次郎長の生涯を、黒い笑いを満載しながら、大胆な構図で描く「黒鉄歴画」第四弾!

担当編集者より
旅行けば駿河の道に茶の香り――。広沢虎造の名調子でお馴染み、清水の次郎長。かつては「忠臣蔵」と並ぶ時代劇映画のドル箱で、昭和二十九、三十六年には実に九本にも及ぶ「次郎長」ものが製作されているそうです。そのエキスをたっぷり吸収しながら成長した黒鉄さんは、大好評を博している「幕末歴画」シリーズで、この海道一の大親分に挑みました。脱力系のギャグと、人間の深淵を覗かせるブラックユーモアが織りなす独自の世界をご堪能ください。(IH)
商品情報
書名(カナ) シミズノジロチョウ
ページ数 312ページ
判型・造本・装丁 A5判 上製 カバー装
初版奥付日 2002年03月30日
ISBN 978-4-16-320800-8
Cコード C0079

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く