作品紹介

金融犯罪の裏の裏まで知り尽くした著者による傑作国際金融ミステリー

連銀議長刺殺、ドル暴落、日米協調介入、謎のヘッジファンド、NY汚職警官。一見別々に見える糸が、国際金融市場で一点に重なる

担当編集者より
大統領を凌ぐ権力を持ち、その一言によって世界市場を左右するのがアメリカの連邦準備銀行(FRB)議長。その議長が刺殺され、市場はパニックに。投げ売られるドルを密かに買いあさる謎のヘッジファンド――。作者の井口氏は95年のニューヨークで起こった大和銀行巨額損失事件の当事者でした。今回の小説には元FBI捜査官が情報提供で協力。金融犯罪の裏の裏まで知り尽くした著者による全く新しい国際金融ミステリーの誕生です。(SS)
商品情報
書名(カナ) インボウノドル エフアールビーギチョウアンサツ
ページ数 328ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2002年07月30日
ISBN 978-4-16-321070-4
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く