作品紹介

今日をみつめ、明日を信じて、生きよう。花よひらけ!

戦後まもない横浜中華街に開店した広東閣。女主人として小さな料理店を切り盛りし、家族と店を守りつづけた、愛と勇気と涙の物語

担当編集者より
昭和二十二年、横浜中華街(当時は南京町と呼ばれていました)に広東閣という小さな料理店を開き、中華丼で評判をとった矢先、夫に先立たれた王英が主人公です。女手ひとつで、息子と娘を育てあげ、店を盛り上げ、人生の花を開かせる物語です。そして、これまでになく、中華街の戦後が丹念に描かれています。とりわけ華僑のヴァイタリティと大陸派と台湾派の対立は、この小説にたくましさと緊迫感を与えています。近くて遠い外国――中華街を舞台に語られる美貌の中国人女性の過酷ながらも凜とした半生が胸を打ちます。(NY)
商品情報
書名(カナ) カカイフウキ ヨコハマチュウカガイハンジョウキ
ページ数 488ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2002年08月30日
ISBN 978-4-16-321140-4
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く