作品紹介

大正初年の実際の事件をもとに描く、岩井版『冷血』!

妾稼業の美しい姉の家には、岡山ではまれな遊び人たちが集まって来る。でも或る日、姉は殺された。それも全身を黒焦げに焼かれて

担当編集者より
――大正初年の岡山。妾稼業の姉の家には近在の高等遊民たちが集まり、一種のサロンのような様相を呈していた。しかし、ある夜、姉は惨殺された。黒焦げに焼けただれて……。この作品は、岡山で実際に起こった事件がモデルになっています。「黒焦げ美人」という呼び名も、当時の地元紙が実際に見出しに使っており、真犯人の意外性もあって、大層騒がれた事件だったようです。大正の猟奇事件が名手の手により鮮やかに蘇りました。(AK)
商品情報
書名(カナ) クロコゲビジン
ページ数 192ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2002年09月30日
ISBN 978-4-16-321290-6
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く