単行本
単行本

こんなダンナが欲しかった?

アド・ハドラー 見次郁子・訳

  • 定価:本体2,400円+税
  • 発売日:2003年05月

作品紹介

専業主夫でなぜ悪い!?

妻の昇進を機に仕事を辞め、主夫となって完璧に家事をこなしても誰も認めてくれない――家庭生活を男女逆の視点で描いたコメディ

担当編集者より
もしも、女がバリバリ働いて男が内助の功にまわったら……本書は、一時的に専業主夫の道を選んだはずだった主人公が、知らず知らずのうちに主夫業にハマっていく様を描いた風刺コメディです。三歳の娘と昼間に公園にいると誘拐犯に間違われ、一日中大人と話をしない鬱憤を宅配便の若者に向けて煙たがられる。主夫は「読み飛ばされる本の脚注のようなもの」と悟りはするものの、とうとう我慢できなくなって……。(HK)
商品情報
書名(カナ) コンナダンナガホシカッタ
ページ数 360ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 2003年05月30日
ISBN 978-4-16-321860-1
Cコード C0097

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く