作品紹介

一組の夫婦を繋ぐ愛と憎悪、そして官能。鮮烈な恋愛小説

心を病む妻と彼女に献身的に尽す俳優の夫。調律師の木島は仕事をきっかけに、いつしか不可思議な夫婦の生活に巻き込まれていく…

担当編集者より
暗闇坂の家でピアノ調律師の木島を待っていたのは、一台のプレイエルと一組の夫婦だった。かつてロカビリー歌手として一世を風靡した俳優の七條雅史と、心を病む妻・彩美。互いに愛憎相半ばする奇妙な夫婦に魅せられた木島は、やがて彩美に誘惑されて関係を持つ。だが、どうやらそれは雅史も承知の上のことらしい。三人の行き着く先は果たして……。オール讀物新人賞でデビューした実力派新人作家による、渾身の書き下ろし恋愛小説です。(AK)
商品情報
書名(カナ) クラヤミザカ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2003年06月15日
ISBN 978-4-16-321900-4
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く