作品紹介

セックスが重みを失った愛の虚ろを描く長篇小説

愛する男の屈折した要求に応えるため、身近な男たちと次々に肉体を重ねる有里。リアルな感覚を喪った愛を抱えて迷走する魂を描く

担当編集者より
著者の甘糟さんは、ファッションやクルマ、グルメ・スポットの紹介で定評のある人気コラムニスト。これが初の長篇小説になります。モーター・ジャーナリストの有里は友人から紹介されたモデル事務所の社長・横溝に惹かれていく。横溝には、欲しいものがなくなってしまった者の哀れさがあった。横溝の変態的な要求に応えて次々と違う男と躯を重ねる有里の行き着く先は――。先端風俗を活写し、セックスが重みを失い迷走する恋愛を描いた快作。(HY)
商品情報
書名(カナ) シンクウカン
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 四六判変型 上製 カバー
初版奥付日 2003年07月30日
ISBN 978-4-16-322020-8
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く