作品紹介

松本清張賞受賞! 中世の惣庄を舞台にした刮目の歴史法廷小説

隣村から土地を巡る争いを仕掛けられた村は公事に訴えんと京の権門の間を奔走する。敵の真の狙いは別にあり、復讐劇が幕を開ける

担当編集者より
室町末の湖北地方。隣村との土地を巡る争いに公事(裁判)で決着をつけるべく京に上った月ノ浦惣庄の村民たち。権門に足繁く通い銭をばらまき、勝訴に持ち込んだはずが思わぬ横やりが。背後には幼くして村を逐われた男の怨念が渦巻いていた――歴史法廷小説にして復讐譚。最新の研究をもとに中世の村落社会と京の裁判制度を浮き彫りにした力量に、選考委員が舌を巻いた本年度松本清張賞受賞作。(HY)
商品情報
書名(カナ) ツキノウラソウショウクジノオキガキ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2003年06月15日
ISBN 978-4-16-322040-6
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document