単行本
単行本

銀河のひややかな瞬き

三咲光郎

  • 定価:本体1,667円+税
  • 発売日:2003年08月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

憎しみは何を生むのか。松本清張賞受賞後第一作

わが身は国の「捨石」か――若き将校は時代を動かす思想家の命をつけ狙う。二・二六事件を背景に展開する男と女の愛と憎しみの物語

担当編集者より
二・二六事件前夜。北支の前線で心と体に深い傷を負った若き将校は、友の命を奪った思想的巨人の命をつけ狙う。京都の女子高で教鞭をとる女は、同僚と不倫の逢瀬を重ねていた。持ち込まれた良縁を容れながら、心の空漠は埋められない。そんな二人が出会い、心を通わせる。しかし男の狙う相手は女の婚約者。時代の渦が二人を飲み込んでいく――新京、東京、京都で繰り広げられる愛と憎しみの連鎖。「群蝶の空」で松本清張賞を受賞した著者の情感豊かな受賞後第一作です。(AS)
商品情報
書名(カナ) ギンガノヒヤヤカナマタタキ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2003年08月30日
ISBN 978-4-16-322070-3
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く