作品紹介

七年前に失踪した兄が握る、与党政権を転覆させうる大きな秘密とは?

家族を虐待し、ついには失踪した兄・栄一。その彼を追って、怪しげな男女が弟・耀二の前に現れる。ヨリックの謎とは何なのか?

担当編集者より
防衛庁で軍事情報の分析を担当後、作家に転身された五條瑛さんが、別册文藝春秋に一年余りにわたって連載した『ヨリックの饗宴』が刊行されます。十五年ぶりに千葉の実家に帰った和久田耀二は、七年前に失踪した兄・栄一宛に届いた長嶋なる男の死亡通知を受け取ります。葬儀に出た耀二は、街中で謎の女から「オズリックがヨリックに会いたがっていると兄に伝えろ」と話しかけられます。何のことか分からぬまま、やがて耀二は政治の暗部にまつわる秘密をめぐる陰謀に巻き込まれます。五條さんのテンポある筆致が、読む者を飽きさせません。(TK)
商品情報
書名(カナ) ヨリックノキョウエン
ページ数 424ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2003年09月15日
ISBN 978-4-16-322150-2
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く