単行本
単行本

年を歴た鰐の話

レオポール・ショヴォ 山本夏彦訳

  • 定価:本体2,000円+税
  • 発売日:2003年09月15日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

幻の名訳を完全復刻!

名コラムニスト山本氏の若き日の翻訳を一周忌を前に復刻。様々に読みとれる寓意と皮肉な味わいは後年の訳者のコラムを彷彿させる

担当編集者より
昭和十六年に櫻井書店から出され、戦後の二十二年に同書店から再刊された、山本夏彦さんの初めての本の復刻。寓意とアイロニーに満ちた内容は、後年の山本さんのコラムを彷彿とさせます。ちなみに吉行淳之介さんは、訳文が見事だったので、ショヴォすなわち山本さん自身ではないかと疑ったと書いています。その吉行さんと、久世光彦、徳岡孝夫三氏による、本書に関する文章も収録しました。評価の高い名著であることがよくわかります。(ST)
商品情報
書名(カナ) トシヲヘタワニノハナシ
ページ数 144ページ
判型・造本・装丁 A5判 上製 横長上製函入
初版奥付日 2003年09月15日
ISBN 978-4-16-322190-8
Cコード 0097

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く