作品紹介

大塩の義挙に揺れる商都で、新陰流の剣が冴える

米の買い占めにより困窮する大坂の民たち。幕府お庭番の家系につらなる剣の遣い手が、大塩一党の動きと、幕府の策謀をあばき出す

担当編集者より
時代・歴史小説の分野に大きく翼をのばしつつある著者の新刊は、大塩平八郎の義挙に揺れる大坂の街が舞台。米の不作と売り惜しみにあえぐ天下の台所に、幕府御庭番の家系に連なる剣豪がふらりと現れるところから物語は始まります。無策の町奉行所、決起に向けて徐々に熱をはらんでゆく大塩一党、そして背後に見え隠れする幕閣の政争――。商都の奥深く潜行した主人公の痛快な動きに従い、一大事件の全貌が明らかにされてゆきます。剣豪小説の魅力とも相まって、充実の大作です。(HY)
商品情報
書名(カナ) ジョウカニシス
ページ数 440ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2003年10月30日
ISBN 978-4-16-322300-1
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く