作品紹介

芥川賞作家が紡ぐ摩訶不思議で耽美な連作集

寂れた島に仮初の棲み処を求めた元大学教師。謎めいた女と暮らし、現とも虚ともつかぬ世界に嵌っていく。幸せも自由も幻なのか……

担当編集者より
大学教師の職を辞して、島ともつかず半島の先端ともつかない寂(さび)れた土地に漂着した一人の中年男。彼が迷い、惑いつづけているうちに、現実と非現実の間で様々な出来事が起こり、様々な人物との出会いと別れがあり……。芥川賞作家、詩人、東大教授と多彩な才能を発揮する著者が「少なからず楽しみながら書いた」(あとがきより)この物語は、迷路のように入り組み、読者を「裏切りの桃源郷」へといざなってくれる摩訶不思議な連作集です。(KM)
商品情報
書名(カナ) ハントウ
ページ数 312ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 函入り
初版奥付日 2004年07月10日
ISBN 978-4-16-323110-5
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く