単行本
単行本

イデアの洞窟

ホセ・カルロス・ソモサ 風間賢二・訳

  • 定価:本体2,095円+税
  • 発売日:2004年07月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

イギリス推理作家協会賞受賞の話題作

古代ギリシアの殺人を描くミステリ『イデアの洞窟』の脚注の中でテクストの謎に翻弄される訳者の正体は――驚愕のメタ・ミステリ

担当編集者より
アテネで起きた連続殺人に挑むヘラクレスの活躍……という古代ギリシアに書かれた物語『イデアの洞窟』。そこに埋め込まれた謎の記述をめぐって『イデアの洞窟』を翻訳中の男が記す脚註。両者がページ内で同時進行、虚実の皮膜がじわじわと溶解してゆく。『イデアの洞窟』とはどんな書物なのか? やがて驚愕の真実が……。イギリス推理作家協会賞最優秀長篇賞受賞作。思弁と遊戯性が生み出した異形のミステリです。(NS)
商品情報
書名(カナ) イデアノドウクツ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2004年07月25日
ISBN 978-4-16-323190-7
Cコード C0097

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く