単行本
単行本

十楽の夢

岩井三四二

  • 定価:本体2,000円+税
  • 発売日:2004年09月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

信長の前に潰えた、理想郷建設の夢――

一向宗を信仰、独自に自治を貫いてきた地・桑名は、急速に勢力を伸ばしてきた織田信長の脅威にさらされるが――。壮大な歴史ロマン

担当編集者より
中世後期の日本。一向宗を信仰し独自の自治を貫いてきた桑名は、急速に勢力を伸ばしてきた織田信長に脅かされるようになっていました。陸地と水路で織田と桑名の戦いは繰り返されますが、信長の知略と強運の前に次第に桑名勢は追い詰められてゆきます。織田勢と幾度も戦ってきた桑名商人・坂田弥三郎は、包囲され籠城した城の中で信仰上の禁書だった「歎異抄」を読み自らの信仰が間違っていたことを知ります。そして最期の時がやってきて……。『月ノ浦惣庄公事置書』で松本清張賞を受賞した著者が「戦い」と「信仰」、そして「自治」を問う壮大な歴史ロマンです。(SY)
商品情報
書名(カナ) ジュウラクノユメ
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2004年09月30日
ISBN 978-4-16-323340-6
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く