作品紹介

伝説の類人猿“ヒナゴン”復活!

30年ぶりに現れた謎の生物ヒナゴン。役場の類人猿課に配属された伸子はその存在を次第に信じるように……井川遙主演で映画化決定

担当編集者より
“ヒナゴン”とは、三十年前、広島県の架空の町、比奈町に現れた謎の類人猿のこと。町興しにも利用されるほど地元民に愛されている伝説の珍獣です。そのヒナゴンが三十年ぶりに現れたという目撃証言で、元ヤンキーの町長イッちゃんが、「類人猿課」を設置。ところがこのヒナゴン伝説をめぐり、市町村合併問題を背景に町長選は泥沼化……。果たして、ヒナゴンは存在するのか!? ヒナゴン伝説を追いかけて、少年の頃の自分を取り戻そうとする大人たちの姿に胸を熱くさせられます。(IJ)
商品情報
書名(カナ) イトシノヒナゴン
ページ数 464ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2004年10月30日
ISBN 978-4-16-323400-7
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く