単行本
単行本

花へんろ 風の巻

早坂暁

  • 定価:本体2,238円+税
  • 発売日:2004年10月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

庶民はいかに泣き、笑い、恋をし、生きたか

四国の遍路道沿いに建つ商家・富屋を舞台に、昭和という荒波の中に生きた庶民の喜怒哀楽を描く。NHKの名作ドラマ、待望の小説化

担当編集者より
ドラマ「花へんろ」を憶えていますか?桃井かおり、河原崎長一郎らの出演で、昭和六十年から六十一年にかけてNHKで放映され、向田邦子賞も受賞した傑作ドラマでした。この作品は早坂暁氏が自らの体験をベースに、大正から昭和にかけて四国の遍路道にあった商家でのできごとを脚本として書いたものです。今回、著者の強い要望もあり、小説化が果たされました。ドラマにはなかったエピソードや、描ききれなかったディテールが書き込まれ、昭和という時代を生きた庶民の哀歓が見事に浮かび上がってきます。(KN)
商品情報
書名(カナ) ハナヘンロカゼノマキ
ページ数 496ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 2004年10月30日
ISBN 978-4-16-323560-8
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く