作品紹介

自分は人生で何を得て、何を失ってきたのか? 著者初の叙情的小説集

戦中に幼年期を過ごした男たちが、がむしゃらに生き、ふと立ち止まる「今」。運命の切なさや、人の温もりを感じさせる6つのストーリー

担当編集者より
水木楊さん自らの体験に基づいた、初の叙情的短篇小説集です。第二次大戦後の、慌しい時期に幼少時代を過ごした男たちが、やがては会社で高度成長時代の担い手として、がむしゃらに働き、そして家庭を築きあげてきました。そんな男たちが、ふと立ち止まる「いま」とは……。自分は果たして何を得て、かわりに何を失ってきたのか?幼なじみとの係わり合いを描きながら、運命の切なさや人の温もり、友情を描いた6篇が収録されています。(TK)
商品情報
書名(カナ) アオイアヒル
ページ数 312ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2005年02月25日
ISBN 978-4-16-323740-4
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く