単行本
単行本

とっぱくれ

浜田文人

  • 定価:本体1,619円+税
  • 発売日:2005年03月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

昭和を一直線に突走った極道がいた!

高度成長直前の昭和、神戸――。退路を断って、極道組織に飛び込んだ村上義一は、自分の力だけで組織内でのしあがろうとするが……

担当編集者より
人を一人殺し、服役後は極道の世界に飛び込んだ村上義一。貧しい出自に復讐するかのように組織内での栄達をひたすら目指しますが、幼少から慕っていた兄貴分の美山と組織内での「親」松原が徐々に対立してゆき、双方に恩義がある義一は微妙な立場に立つことになります。悩んだ義一が最後に選んだ道は……。「臆病者」で昭和の神戸を描いた浜田文人氏が、再び高度成長直前の神戸を舞台に、まっすぐに生きようとした一人の極道者の姿を描きます。反時代の純粋極道小説は、意外にも爽快な読後感があります。(SY)
商品情報
書名(カナ) トッパクレ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 2005年03月25日
ISBN 978-4-16-323800-5
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く