作品紹介

わが青春の三都物語――「教授」の告白小説

軽井沢の少年時代から、日比谷高校入学、そしてパリ留学へ。愛する妻と息子を事故で失いながら、笑顔を忘れない「教授」の告白小説

担当編集者より
これは「教授」の告白小説です。軽井沢で過ごした少年時代から、日比谷高校の青春時代、パリ留学と新婚生活などが、フランス文学者ならではの気品あふれる視線で綴られていきます。さらに少年期のエロティシズムや、愛する妻や息子の死という痛ましい現実を許容していく。躍動感あふれる文章で人生のすべてを一息に読ませてくれます。読後には巨木の幹のような確かな手ごたえが残ります。篠沢さんの後輩でもある児玉清さんから推薦をいただきました。日本版『アンジェラの灰』ともいうべき良質の感動を、お楽しみください。(YN)
商品情報
書名(カナ) カルイザワヒビヤパリ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2005年03月25日
ISBN 978-4-16-323820-3
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く