作品紹介

鏡が人間を襲う! 鮎川賞作家、渾身のホラー長篇

殺してしまったはずの男が街で声をかけてきた。男の手の痣はなぜか左右逆になって……。この町でいったいなにが起きているのか!?

担当編集者より
帰宅途中、浮浪者ふうの男に襲われた葉子は、無我夢中で抵抗して男を殺してしまう。婚約を間近に控えた彼女は、悩んだ末、死体を海に捨てて事件の隠蔽を図るが、翌日、友人の結婚式で彼女に声をかけてきたのは、昨日殺したはずのあの男だった……。旧家に伝わる魔鏡が、ひたひたと街を浸食する。ねじれた街、ねじれた人間たち、世代を超えた鏡との闘いがいま始まった!往年のキング、クーンツを彷彿させるサスペンスに、著者独特の狂気をブレンドした本格モダンホラーの誕生です!(II)
商品情報
書名(カナ) カガミカンセイ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 四六判 仮フランス装
初版奥付日 2005年07月15日
ISBN 978-4-16-324110-4
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く