作品紹介

信太郎の目が見えない……人情始末帖シリーズに急展開!

信太郎の目が見えない……。美濃屋に帰ってきた勘当息子の悲劇を救うべく、おぬいは引手茶屋を捨て、女中となる。感動の全五篇!

担当編集者より
信太郎の目が、見えなくなった。杉本さんのシリーズ最新作の内容は、この一文に尽きます。驚くような事件は起こらず、雪景色を背景に、江戸の暮らしぶりがていねいに描かれます。しかしながら、信太郎をめぐる家族のやりとりに耳を傾け、河竹新七(黙阿弥)などの芝居小屋の面々、幼馴染みや長屋の連中を眺めていると、絡み合う人情の綾がきらりと輝いて見えるのです。そして信太郎の身を案じた、おぬいの決断とは……。名手の絶品を味わってください。(YN)
商品情報
書名(カナ) ヒクイドリ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2006年03月15日
ISBN 978-4-16-324160-9
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く