作品紹介

新しい時代の家族を描く新鋭登場

突然、父親が失踪。没頭していた陸上をやめ、14歳のケイは新聞を配り始めるが――。家族という不可思議な関係を描くポップな一冊

担当編集者より
小説新潮長篇新人賞でデビューした著者が、2作目で家族という馴染み深くも手ごわいテーマに挑戦したのが、本書です。リストラされた父親が、しばらく家でぶらぶらしていたかと思うと突然失踪。その日から家族はすっかりバラバラになってしまいます。家族を結んでいたものは一体なんだったのか。血縁ってそんなにつよい絆なのか……。14歳の少年の苛立つ日常を皮切りに、家族の秘密が少しずつ語られていくのですが、重いテーマを軽々と走り抜ける筆が魅力の一冊です。(OY)
商品情報
書名(カナ) エンセイフレーバー
ページ数 232ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 2005年08月05日
ISBN 978-4-16-324200-2
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く