作品紹介

好評時代劇シリーズ第三弾

御家人としての出世街道をしくじった大番屋元締のもとに、毎日のように持ち込まれる面倒な相談事。加えて家族にも厄介事が起きて……

担当編集者より
他人同士が顔を突き合わせて暮らしていれば揉め事が絶えるわけもなく……、というわけで江戸時代も訴訟社会でした。本作で三作目となる人気シリーズの主人公・拝郷鏡三郎は、御家人としての出世コースに乗り、今で言う裁判所の判事のような要職にありました。ところが権力闘争に巻き込まれて職を追われ、仮牢の元締に身を落とします。しかし、その経歴から、次から次へと市井の相談事が持ち込まれて……。理だけで人を裁くことの愚を教えてくれる、人間味溢れる連作時代小説です。(TH)
商品情報
書名(カナ) ハマチョウカシノイキガミサマ シクジリキョウザブロウ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2005年10月15日
ISBN 978-4-16-324400-6
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document