単行本
単行本

春朗合わせ鏡

高橋克彦

  • 定価:本体1,619円+税
  • 発売日:2006年01月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

若き日の北斎が、江戸の難事件に挑む!

勝川派の青年絵師・春朗(のちの北斎)が、鋭い観察眼を生かして巷の事件を次々に解決。江戸情緒と浮世絵の魅力溢れる傑作捕物帖

担当編集者より
大好評、『だましゑ歌麿』『おこう紅絵暦』の姉妹篇をお届けします。今回の主役は、前二作にも登場した若き絵師、春朗(のちの北斎!)。絵師ならではの鋭い観察眼で、江戸の巷の難事件を次々と解決していきます。元柳橋芸者のおこうや舅の左門など、おなじみの面々も大活躍。随所に挿入される浮世絵の蘊蓄は、さすが著者ならではの面白さで、美術ミステリーとしても楽しめる贅沢な一冊になりました。人の情けと江戸情趣、謎解きの魅力あふれる本書で、ぜひ至福のひとときを!(II)
商品情報
書名(カナ) シュンロウアワセカガミ
ページ数 336ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2006年01月15日
ISBN 978-4-16-324580-5
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く