単行本
単行本

深淵のガランス

北森鴻

  • 定価:本体1,571円+税
  • 発売日:2006年03月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

花師と絵画修復師、二つの顔を持つ男

画壇の大家・長谷川宗司の孫娘から依頼を受けた佐月恭壱は曰くつきの傑作を修復することに。パリの町並の下に別の絵が隠されていた

担当編集者より
花師として名を馳せる佐月恭壱のもう一つの顔は絵画修復師。大正末から昭和初期に活躍した画壇の大家長谷川宗司の孫娘・真弓の依頼を受けた佐月は、宗司の妻が終生愛した曰くつきの傑作を修復することになり、描かれたパリの町並みの下に別の絵が隠されていることに気づく。それを知る真弓の元夫が奇妙な話を持ちかけてきた……。人気ミステリー作家・北森鴻さんの新シリーズです。お馴染みの美貌の女旗師・宇佐見陶子も脇役として登場。裏の裏をかかれる快感に酔う一冊です。(HT)
商品情報
書名(カナ) シンエンノガランス
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 2006年03月31日
ISBN 978-4-16-324720-5
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く