作品紹介

中年男の哀愁を描いた、久々の短篇集

妻に不満はないが若い愛人と密会を重ねる男、元愛人に癒される倒産した会社社長など、彼らなりの事情を抱えた初老の男たちを描く

担当編集者より
久々に訪れた故郷で出会った女と、年齢差を超えて惹かれ合う仕立屋を描いた直木賞受賞作『愛の領分』、競走馬装蹄師と染織作家との運命的な出会いを描いた『艶紅(ひかりべに)』など、大人の恋愛小説では定評のある著者が今回設けたテーマは、中年男の恋愛。長く連れ添う妻に不満はないが、若い愛人と密会を重ねる男を描く「土鍋」、自営の会社が倒産し、針のむしろの債権者会議の合間に、別れた愛人に会いに行く男を描いた「修羅の狭間」など、初老を迎えた男たちが抱える事情、哀愁を綴った、2年ぶりの短篇集です。(TN)
商品情報
書名(カナ) レンアイジジョウ
ページ数 248ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2006年03月31日
ISBN 978-4-16-324730-4
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く