作品紹介

流行作家となった「わたし」をめぐる女性たち

売れっ子となった「わたし」だが、別れた妻への思いが残る。多くの女性と官能的な逢瀬を重ねながら、「わたし」は彼女のことを思い続ける

担当編集者より
わたし(主人公)は、売れっ子の官能小説作家。妻の眞由美とは2年前に離婚し、独りの自由な暮らしをしているが、別れた妻への思いを今もひきずっている。OLの淳子や銀座のホステスたちとさまざまな逢瀬を繰り返しながら、わたしはいつも眞由美のことが気になっている。流行作家の忙しくも不安な日々の中に、静かな感情がうねりだし、性への衝動が、突き上げてくる……。独自の滑らかな文体が生みだす、静かで繊細な官能の世界へあなたをご招待します。(MI)
商品情報
書名(カナ) カンノウノジコク
ページ数 232ページ
判型・造本・装丁 四六判変型 並製 カバー
初版奥付日 2006年05月30日
ISBN 978-4-16-324910-0
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く