単行本
単行本

破道 とっぱくれ

浜田文人

  • 定価:本体1,857円+税
  • 発売日:2006年07月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

蔑まれ疎まれながらも必死に生きた男たちがいた

警察との対立、熾烈な内部闘争。組織崩壊の危機に3人の極道者たちが立ち上がる。己の存在と矜持をかけた壮絶な戦いが幕を開けた

担当編集者より
昭和40年代後半、全国制覇の野望を抱く神戸の神侠会と兵庫県警は激しく対立していた。県警の切り崩し工作と跡目相続をめぐる熾烈な内部闘争。神侠会瓦解の危機に3人の男たちが立ち上がる。自らの存在と尊厳をかけた壮絶な戦いが幕を開けた。“やくざ”という生き方しか選ぶことのできなかった男たちの矜持と悲しさを切々と描いた書き下ろし傑作長編、『とっぱくれ』の続編です。あわせて読むと、日本の戦後が見えてきます。(SK)
商品情報
書名(カナ) ハドウトッパクレ
ページ数 312ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 2006年07月15日
ISBN 978-4-16-325100-4
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く