単行本
単行本

一応の推定

広川純

  • 定価:本体1,429円+税
  • 発売日:2006年06月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

事故か自殺か? 巧緻なプロットが光る松本清張賞受賞作

轢死した老人は事故死か、それとも重病の孫娘を助けるために自殺したのか。ベテラン保険調査員の執念が明らかにした真実とは?

担当編集者より
JR膳所駅で轢死した老人。彼には心臓を患う幼い孫娘がいた。死の三ヶ月前に加入していた傷害保険の支払いを巡り保険会社から調査を依頼されたベテラン調査員・村越の執念の調査が始まる。果たして老人の死は事故なのか、それとも自殺なのか? 定年間近の調査員による文字通り足を使った執念の調査行、終盤で二転三転する緻密なプロットはまさに“清張ばり”。選考委員の全会一致で選ばれた、待望の現代推理小説の松本清張賞受賞作です。(AK)
商品情報
書名(カナ) イチオウノスイテイ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2006年06月10日
ISBN 978-4-16-325140-0
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く