作品紹介

傑作『死の泉』に続く、壮大な歴史ミステリー長篇

狂乱へと向かう1920年代のドイツ、ベルリンを舞台に6人の男女が織りなす人生模様は、交錯しながら激動の歴史に飲み込まれていく

担当編集者より
退廃へ、狂乱へと向かう1920年代のドイツ、ベルリンを舞台に6人の男女が織りなす甘美にして残酷な日々。貴族の血をひき、軍人の道を歩むはずが、ジゴロとなったアルトゥール、ロシアからドイツに亡命し、シナリオライターを夢見るナターリャ、プロレタリアートでルンペン暮らしから這い上がり、ナチ党員となるフーゴー、裕福なドイツ系ユダヤ人の家に生まれ、義勇軍に参加した後、大富豪となるハインリヒ、蝋人形師マティアス・マイ、カバレット《蝋人形館》の看板歌手、ツェツィリエ。彼らの人生は様々な場所、時代で交錯する。傑作『死の泉』に続く壮大な歴史ミステリー長篇。(HT)
商品情報
書名(カナ) ベルリンロウニンギョウカン
ページ数 344ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2006年08月30日
ISBN 978-4-16-325210-0
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く