作品紹介

戦塵にまみれる曹操、そして董卓死す。激動の第四巻!

曹操は黄巾軍を下し、エン州の統治を進める。一方、董卓は寵臣・呂布に殺され、都内は歓声に溢れた。袁術、陶謙……曹操の戦いは続く

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
「『三国志』の続きは、いつ頃刊行されるのでしょうか……」この二年間で何度お問い合わせを受けたでしょうか。続巻がいよいよ刊行です。曹操は黄巾(こうきん)軍と戦いを開始。曹操軍に三十万もの黄巾兵が投降し、【えん】州は曹操の統治が進む。一方、都では司徒王允(おういん)が董卓(とうたく)暗殺を画策、実行者として董卓の寵臣・呂布(りよふ)に目をつける。董卓が殺されると、都内は歓声に満ち溢れた……。「正史」としての『三国志』を再現する前人未踏のドラマは大きな山場に向かいます。どうかお楽しみに!(HT)
商品情報
書名(カナ) サンゴクシ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2006年09月15日
ISBN 978-4-16-325240-7
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く