作品紹介

こうなるのは最初から分っていたことなのに――

初恋の女性から突然の電話。サルビアの花を潰してみせた年上の少女の面影を胸に、男は会いに行くのだが。ほろ苦い大人の恋、七景

担当編集者より
仕事は堅調、家族を愛し、自分なりの生き方の流儀が身についてきた大人の男性のみなさま。もし、20年ぶりに初恋のひとが電話をかけてきたらどうしますか? 銀座の店の女の子とのつきあいがマンネリ化してきたら? 郷里での同窓会に、学生時代、気まずく別れた彼女が出席すると知ったら……。誰の人生にも訪れる、心をざわめかせる一瞬を、短編の名手が簡潔な文体でほろ苦く描き出しました。作り物のオハナシなんて読む暇がないよ、とおっしゃる方にこそお勧めしたい一冊です。(TM)
商品情報
書名(カナ) サルビアノキオク
ページ数 232ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2006年11月15日
ISBN 978-4-16-325420-3
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く