作品紹介

ほんとうの小説を読みたい人に

人間の究極の進化は、死ぬということなのか? 根源的な問いの先にある、新たなるカタルシスへと読者をいざなう。珠玉の作品集!

担当編集者より
白石一文さんの小説を読んで驚かされるのは、その緻密さです。担当編集者というのは何度もゲラに目を通すものですが、そのたびに「この男のこの行動は必然だなあ」というような発見があります。神業のごとき企みに、作者の頭の中はどうなっているんだ……と、唖然となったものでした。しかしながら、その緻密な物語世界に浸りきると、むしろ静かに「目に見えないものの確かさ」が浮かんでくるのです。4作の中・長編を収録しました。とくに表題作は泣けます。何度でも。(YN)
商品情報
書名(カナ) ドレクライノアイジヨウ
ページ数 448ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2006年11月15日
ISBN 978-4-16-325460-9
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く