単行本
単行本

言問橋

杉山隆男

  • 定価:本体1,524円+税
  • 発売日:2006年12月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

市井の片隅で生きる男の人生に秘められた、仄かな彩り

還暦を過ぎた足袋職人の脳裏に甦る少女の俤。「わたしの足袋をこさえて」。果たせなかった少年時代の約束が、いま……。表題作ほか2篇

担当編集者より
父親から受け継いだ「やよゐや」の暖簾を守り還暦を過ぎた足袋職人の前川慎治。8月のある日、店を訪れた女性の矢がすりのひとえを見た瞬間に、少年時代に淡い恋心を抱いていた少女・雪乃の俤が甦ります。時代の荒波に翻弄され、果たせなかった約束が、いま……。市井の片隅でひっそりと生きる男の生に秘められた仄かな彩りを、鮮やかに描いた表題作ほか2篇。日々の疲れをしみじみと癒してくれる、極上の大人の小説です。(AK)
商品情報
書名(カナ) コトトイバシ
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2006年12月15日
ISBN 978-4-16-325550-7
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く