作品紹介

育児に奮闘するパパたちが愛おしい

パートナーが多忙の場合、余裕のある方が育児をするのが合理的。でも世間では男性の育児は少数派で、悩むパパたちを描く育児小説

担当編集者より
子育ての毎日に休みなし。慌しい生活の中、その子どもの存在は、仕事への取り組みや家族の中の立ち位置、親やパートナー、社会との関係をあらためて考えなおすきっかけになります。桜川にある保育園に集うパパたちの視点から、子どもと共に過ごすことで実感する喜びや悩みを、ときにシリアスにときにユーモラスに描いた6篇の短篇集。子どもたちだけでなく、逡巡するパパが愛おしく、育児に携わる著者ならではのみずみずしい感覚に満ちた一冊です。(YS)
商品情報
書名(カナ) サクラガワピクニック
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2007年03月15日
ISBN 978-4-16-325700-6
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く