作品紹介

令嬢と女性運転手。昭和初期を舞台にした北村ワールド

ステンドグラスの天窓から墜落死した思想家。事故か、殺人か——英子の推理が辿りついた切ない真相とは。大好評のシリーズ第2弾!

担当編集者より
昭和8年、学習院に通う令嬢・花村英子とその運転手・別宮みつ子、才色兼備で武道にも秀でたスーパーウーマン〈ベッキーさん〉が活躍するシリーズ第2弾です。建築家・乾原が作った末黒野邸に招かれた英子。一面がステンドグラスに彩られていたその家の、天窓を突き破って、男の死体が落ちてきた。果たして自殺か、事故か? 第1作『街の灯』で謎に包まれていたベッキーさんの出自も明らかに。戦争へと向かう時代の暗雲を感じさせつつ、謎解きの醍醐味と、繊細な北村ワールドを堪能できる傑作です。お楽しみに。(HT)
商品情報
書名(カナ) ハリノテン
ページ数 232ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2007年04月15日
ISBN 978-4-16-325830-0
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く