作品紹介

大塩の乱から二十余年。幕末の大坂に暗雲せまる

剣を揮う手を包丁にもちかえ、既に「三願」からも隠居を決め込んだ利之だが、乱世の相は商都にも顕われ始めた。『杖下に死す』傑作続篇

担当編集者より
『杖下(じょうか)に死す』から二十年余。あの光武利之が再び物語の舞台へと登場します。大塩の乱で友を失った利之は剣を捨て、船場の料亭「三願」の厨房で包丁を揮ってきました。その歳月は利之を悠々たる大河のごとき漢(おとこ)へと磨きあげますが、早すぎる隠居をきめ込んだ利之を、幕末の大坂の剣呑な空気がまたも歴史の奔流のなかへと引きずり込もうと致します。自らの命を賭け、民のくらしを守らんとする与力、信念のためには幾らでも返り血を浴びる覚悟の新選組、密命を帯び、暗躍する商人たち——時代という淵ふかき闇をとらえた続編です。(YO)
商品情報
書名(カナ) ヒトリグンセズ
ページ数 424ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2007年06月30日
ISBN 978-4-16-326080-8
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く