作品紹介

究極の徹夜本! 『TENGU』の著者による大藪賞受賞後第一作

遺伝子工学の研究所から姿を消した謎の生命体《ダンサー》。ストーカー被害に悩む華麗な踊り子・志摩子。やがて奇怪な殺人事件が!

担当編集者より
『TENGU』で大藪春彦賞を受賞した著者の、受賞後第一作となる長篇です。嵐の夜、遺伝子工学の研究機関から謎の生命体が姿を消した。あとに研究員の死体をふたつ残して……。いっぽう、フラメンコの踊り手(ダンサー)・志摩子はストーカー被害に悩んでいた。彼女が踊るステージは勿論、自宅周辺に至るまで彼女をつけまわす若い男。やがて志摩子の周囲で不可解な連続殺人が……。その死体は、まるで獣に襲われたような惨状を呈していた……!スティーヴン・キングも真っ青のザ・エンターテインメントの誕生です!(II)
商品情報
書名(カナ) ダンサー
ページ数 368ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2007年07月30日
ISBN 978-4-16-326140-9
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document