単行本
単行本

へび女房

蜂谷 涼

  • 定価:本体1,381円+税
  • 発売日:2007年10月29日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

女は切腹できないから、明治と添い寝するんです

ある者は武家から商家へ、ある者は姫君から芸者へ、ある者は異人の妻へ。激動の維新を乗り越え、明治を生きた女たちを描く中短篇集

担当編集者より
明治維新は、男性はもちろん、女性にとっても一生が激変してしまう一大事でした。商家から武家へ嫁いで楽をするはずだったのに、甲斐性なしの亭主のせいで、自ら的屋になって一家を支えた女、武家の姫君から一転、芸者で身をたてていたのに、外国人のもとに輿入れさせられた女——そんな女たちの奥底に隠された真実と心の襞……。今、最も注目すべき時代小説家が、激動の維新を乗り越え、明治という時代を受け入れていった女たちを描く中・短篇集。心を揺さぶる名作の誕生です。(YN)
商品情報
書名(カナ) ヘビニョウボウ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2007年10月25日
ISBN 978-4-16-326450-9
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く